忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
オンラインRPGのグランブルーファンタジーの騎空団「雪月花」のブログ兼、今はサービス停止されたMMORPGトリックスターのギルド「剣風雪月花」のギルドブログでもあります。 お便りはこちらにおねがいします。yukigeshikits@gmail.com
なんだか堅苦しいタイトルですが、
久々に思うことをちゃんと言葉にしようと思ったので、あえてこのような表題にしました。
といいながら出かけるので今はこれだけです。

今日から二三日中くらいにはちゃんとアップロードしたいです。
一応予告のようなものです。

11/3追記
内容はあってないような、自分の脳内の独り言のようなものです。
トリックスターもギルドも直接はほとんど関係ないのでそうした情報が目的で閲覧しようとしている方は続きを読む必要はありません。


一日に自由に使える時間は有限で、なおかつ最大限有効に活用するために要する労力は意外なほど多大で、しかもそれを習慣づけるのはますます容易いことではありません。

努力に勝る天才無し、というのは私が尊敬する祖父が激励の際にはほぼ必ず口にする言葉です。
何かを成し遂げるというのは一朝一夕になんでもうまくいくものではなく、成功に至るプロセスそのものを形成するにはやはり継続して時間と情熱を注がないと結果には至らないという至極自然な結論です。

時間を無駄にするなと、あちこちで言われています。いわく、成長せよと。
そのためには時間を有効に効率的に活用して己を高め、そして社会に貢献するのだと。

社会的な要望というのは、どうにも個人の主観よりも社会という漠然とした主語を盾にして自分にとっての
他人に都合の良い存在になりなさい、という言説に見えてしまうところがあるのです。

人間なんでもかんでも好き勝手にやっていいわけでもなく、(欲しいからといって盗んだり、憎いからといって殺して良いわけではありません、当たり前のような話ですが。)自由には当然責任が伴います。
そして、自分の主体的意志、欲望の実現のための行動と社会が要求する公共への貢献が一致するように不断の努力を続けなくてはなりません。

四六時中とにかくこれに腐心せよ、とまでは厳密には言っていないというのは慣習的な体験で理解はできるものの、仕事あるいは学業などの主要とされる役割や日常生活の維持以外の時間をして余暇(余った暇な時間)や休日(休む日、休んで仕事のために備えると言うことでしょうかね)という言葉で表現されているように少なくとも日本語においては果たすべき役割こそが主格であって、やらなければならないことから解放されている状態は本義でないというようにみえてしまいます。

余暇や休日の過ごし方には趣味が多く占められるところがありますがというのも、よりとか社会で認知されている文化的なものであるとかがより望ましいとされています。
しかしながら、そうした社会的要請に基づいたものであるならば、それは社会的ステータスの向上を目的としたひとつの訓練に他ならないのだと考えます。
それ自体を単に否定するわけではありませんが、より根源的な人の在りようとして、もっと自然に自分の感情の赴くまま利益や効率などを度外視して、単に他の良いようもなく、ただ「やりたい」ことをやるという単純な価値観がもっと重要視されてもいいのではないかと思うのです。
考えようによってはどのような言説も、そうした原初的感情があって当然でありわざわざそのことについて言明する必要もないということがあるためあまり語られていないようにも思えますが、そのほかの様々な言葉が強く出てその当たり前の価値観がみえないところに押しやられているように見えて仕方ないのです。

自分自身に課せられたあるいは自身で課した役割をそうそう容易くないがしろにしていいのか、というと必ずしもそうではありませんが(あんまり拘泥せずすぱっと放棄して別の価値観に従うこともまた大事だと思いますがこれはケースバイケースの要素が強く本題と絡めるには大きすぎると思うので、ここでは語りません)折り合いがつくと判断できるというところであれば、あとは個人の原初的感情に従い好きなように振る舞う自由が許されていいと思うのです。むしろそれこそが当たり前だという考え方もあるかもしれませんし、いっそ最低限のことしかやろうとしない怠惰な態度という評価もできるでしょう。

こうした評価をするまなざし、これがなんとなく世間といわれるものであったり「みんな」というとらえどころのない主語であったりします。

他の多くのMMORPGがそうであるようにこのトリックスターの場合も、世間的尺度で見るとあまり良い評価はしがたいものがあります。いくつか例をあげれば、時間を多大に消費し類似の行為を達成するにあまりにも非効率であり、社会貢献に通ずる能力の醸成の貢献する要素に乏しく、休むどころか疲労する要素が多い、などが挙げられるでしょう。
むろん、肯定的価値観を適用することも可能で、たとえばコミュニケーション方法が限定されているが故に文字表現の比重が大きい分言語コミュニケーションの鍛錬には向いており、個々のタスクが要求する時間的労力が軒並み高いため常に達成のための効率的手法を模索する機会に恵まれているであるとか、それこそ当たり前ですがやっていて楽しいと感じられることができたり、人と人とふれあう喜びが得ることができうる、などが挙げられます。
特に後者二つは原初的かつ重要です。一方で他の多くのことでもできるのではないかという評価も可能ですが、事実としてそれによって体感できている、という経験こそが重要なので代替可能性そのものによってその価値が否定されることはないのです。

結局は何事も主観的な価値観に還元できるという面と、そこからは完全に自由になれない、あるいはそれに従うことこそが本質的な意味で自由だというように考えることもできます。少なくとも私はそうありたいですし、そうあるのが仕合わせにより近づけるありようなのではないかと考えます。効率性や単純な能力や社会的評価を伸ばすにはあまり良い方法ではないのかもしれませんが。

というわけで、長々わけのわからないようなことを書いてしまいましたが、自分のやりたいようにやるという意味においては、まだまだこのゲームをやり続けたい、という単純な動機説明に過ぎないとも言えるでしょう。こうした態度を嫌う人からしたらただの言い訳だと断じることもできるでしょう。
そうした評価も併せた中で、自分の好きなことを人生の中に組み込まれ、関連した状態で生きることも、人生だと枠を大きくして語っても良いですし、ゲームの一部だとメタ的な視点で覗いても良いでしょう。
自分の意志の有り方で世界は幾通りにでも違って見えるわけですから。
PR
≪  111  110  108  107  106  105  104  103  102  101  100  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  111  110  108  107  106  105  104  103  102  101  100  ≫
HOME
twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
雪景色
年齢:
6
性別:
非公開
誕生日:
2011/03/30
職業:
運用エンジニア
趣味:
思いを馳せること
ブログ内検索
最新CM
[08/17 Marvinjam]
[07/18 雪景色]
[07/18 (´・ω・`)]
[07/18 (´・ω・`)]
[06/01 こんこん]
バーコード
カウンター
最新TB
フリーエリア
忍者ブログ [PR]