忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
オンラインRPGのグランブルーファンタジーの騎空団「雪月花」のブログ兼、今はサービス停止されたMMORPGトリックスターのギルド「剣風雪月花」のギルドブログでもあります。 お便りはこちらにおねがいします。yukigeshikits@gmail.com
スレイヤーズまぐな(2016/1/22 19:00~1/30 23:59)
皆さんご参加有難うございました。
今回の結果はおおむね以下のとおりです。
■雪月花成績
予選通過(1200位弱程度)、5勝0敗
■雪景色個人成績
獲得貢献度 2億3千万位
順位 13000位程度


数字が曖昧なのは、古戦場後半からまた仕事で多忙で、ついつい記録を取るのを忘れたままでいたためです。おおよその数字は合っていると思うので参考程度に。
古戦場に挑むのは雪月花もそれなりの回数となってきていましたが、ここでまさかの全勝です。これまでの成績は二勝三敗でしかも辛勝がある場合などが多く、これまで組み合わせに恵まれていなかったのは確かですが三勝くらいが相場だろうと思っていたので、良い意味で意外な結果に終わりました。
無論、どの日も圧勝というわけではなく、采配や団員の皆さんの都合次第では敗北も大いにあり得たでしょうから、あながち運だけの結果ではないのは確かです。
予選が土日を丸々含んでいたので、どちらかというとそちらのほうが危なかったかもしれません。私自身は予選日の土日がどちらも仕事のある日であまり貢献度を得られませんでしたが、皆さんが頑張ってくれたお蔭で無事に突破することが出来ました。
あまり順位を気にすることはないと事前に伝えてましたが、仕事が終わってみてみたら高順位につけていたので何事かと思ったらボーダーから3000万ほどの余裕しかない状況でした。今回はアンノウン武器二種あるといえど、いつもよりずっと混戦でした。
土日は多くの方がお休みだと思うのですが、楽しくやれているなら大いに結構なのですが、義務感(自身で義務とし、それを遂行することそのものが独立した喜びとなるなら結構なことですが)でやったり、もう嫌になったりしないように自分の生活上の都合と折り合いをつけて取り組んでほしいなと思っています。その一方で、自身の限られた時間の中から一定割合を割きたいと思うくらいはこのゲームとそこにいる人が好きな人に団にいて欲しいので、そのあたりはバランスよく皆で協力し合って取り組んでいきたいものですね。
本戦時は、予選でどの団も疲弊していたのか、温存気味に取り組んでいた団が多かったように思えます。そのおかげで雪月花は勝てた部分も大きいと考えています。目に見えて勝負をしかけるのはあまりに無謀という相手は今回いませんでしたが、先方からしても雪月花に対して勝負をしかけても不思議でないのに早期に投了を決断した団はいくつかあったように思えます。
逆に最終日は、雪月花のほうが単純戦力では上でしたが土曜日ということもあってか全力で臨んできたので駆け引きの要素は一切なく純粋な総力戦の様相が強かったです。先方も勝つかどうかは別にして、全力を出し切ってきたんだなという印象でした。アンノウンもらえるし無駄にはならないからいけるだけいってみよう、という意気込みだったのだと思います。
今回HELL戦が導入されましたが、全体の趨勢にはあまり影響ないのかなという印象でした。初日は皆がやるのは初めてで、ある程度の情報を仕入れて意識合わせや周知をおこなっていましたけど、なかなか想定通りにはいかず、時間指定を朝からしていましたが、攻撃ができないメンバーが若干名でてしまいました。事前にHELL部屋自体は立てておいて、実際に攻撃を本格的に開始する期間までに補助スキルを使うか奥義なしで攻撃するなどして最低限の参加賞確保するように伝えていたのですが、未実施の方もおりました。また、数ターンは様子見して奥義放たないようにとも言っていたのですが、数ターンの解釈がぶれたのか、使用していたかたもおりました。初回で想定と違うことが出てしまうのは当たり前のことなので、これらについては問題視する意味はほとんどないと考えています。当日チャットで書いたことですが、はじめてだからうまくいかないことがあるのは当然のことなので、誰が悪いわけでもなく、今後の経験重ねて練度を上げていくことや、連絡内容には気をつけておくことが大事だということです。あんまり神経質になって他人を責めても意味がないどころか却って悪いことしかないと考えています。お互い謙虚で寛容でありたいものですね。
二日目以降は特に問題はなかったと思いますが、ちょっと皆さん気にしすぎてしまったのかなという印象もありました。特にMVP赤箱についての希望があるかたも殆どいなかったのでもっとざくっとした感じで次回は運用するかもしれません。自発者赤箱については特に否定的な意見が出なかったのは正直ほっとしてます。副団長以上の権限がないといけないのですが、赤箱ひとつのために一時的にでもあまりに色々なことができてしまう権限を預けるのはよくないと考えました。みなさん納得してくれたのは安堵でした。
今月は古戦場そのものというより、肯定的でない理由で離脱者が出てしまったことが残念でした。理由としてはゲームそのものの運営自体の問題による引退や、意思疎通断絶による脱退(こちらから脱退の話をするつもりでしたが、当人から申し出でがあったので、今のところ公に明らかにはしません)でした。
それぞれいかんともしがたい部分があったにせよ、もう少し皆が信頼し合えたりコミュニケーションがより活発な環境づくりが出来ていればという忸怩たる思いがあるのは確かです。自身としてはそれなりに努力をしていたり皆にも呼びかけをしていたつもりですが、方向性や量的な課題があったように思えます。
とはいえ、上位下達になるのではなく、皆さん自身がそれぞれ良いと思えることを意思疎通を図りながら取り組んでいければ解決はそう難しくないのだと思います。私はその下地をちょっと作るくらいでちょうどいいのではないかと思います。強制になってしまうと、良いことや楽しいこともその価値が容易く失われてしまうので、お互いがそれぞれの違いを認めった上で手を取り合い協力していけるようにしていきたいですね。
PR
≪  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
twitter
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
雪景色
年齢:
6
性別:
非公開
誕生日:
2011/03/30
職業:
運用エンジニア
趣味:
思いを馳せること
ブログ内検索
最新CM
[08/17 Marvinjam]
[07/18 雪景色]
[07/18 (´・ω・`)]
[07/18 (´・ω・`)]
[06/01 こんこん]
バーコード
カウンター
最新TB
フリーエリア
忍者ブログ [PR]