忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
オンラインRPGのグランブルーファンタジーの騎空団「雪月花」のブログ兼、今はサービス停止されたMMORPGトリックスターのギルド「剣風雪月花」のギルドブログでもあります。 お便りはこちらにおねがいします。yukigeshikits@gmail.com
トリックスターの新アイテムとかじゃないですよ。
PR
なんだか堅苦しいタイトルですが、
久々に思うことをちゃんと言葉にしようと思ったので、あえてこのような表題にしました。
といいながら出かけるので今はこれだけです。

今日から二三日中くらいにはちゃんとアップロードしたいです。
一応予告のようなものです。

11/3追記
内容はあってないような、自分の脳内の独り言のようなものです。
トリックスターもギルドも直接はほとんど関係ないのでそうした情報が目的で閲覧しようとしている方は続きを読む必要はありません。
忙しさ何やら諸々を言い訳にしつつここのところまともに更新していないので、お詫びを。

この記事投稿後から3日以内に正式な記事の更新が無ければ先着三名に500P分くらいの任意の課金アイテムをプレゼントしようと思います。

応募方法は、コメント欄に名前を記述するかゲーム中のギルドかフレンドメモで私に連絡して下さい。
投稿日の開始期間は11/11になった時点とします。

こんな事書いてないできちっと記事を書くべきとは思うんですが。
ポイント購入時に特典がつくためトリックスターを運営しているジークレスト社のもつサイトの@gamesを利用しているのですが、ここでたまに日記を書いています。

取るに足らない思考の漏出とも言うべき空虚な内容ですが、こちらから「雪景色」で検索すれば私のページが閲覧できます。会員登録が必要ではありますがもし興味がおありのかたがいらっしゃいましたら訪ねてみくださいませ。

公式でこんなアナウンスがされました。

【更新】アイテムの増殖について 【2009/06/15 15:35】

この世から犯罪の一切が消えることがないのと同じように、オンラインゲームの世界でも不正がなくなることは決してないでしょう。
不正根絶自体は不可能であっても、その数と被害を減らし続けることが重要であると考えます。


技術進歩を伴って発生する犯罪とその取り締まりについては終わりのないイタチごっことよく揶揄されますが、人が関わるものである以上どこかに必ず不正の付けいる隙はあります。
ただし、不正の存在そのものが憎まれるのは当然のことですが、不正が存在することそれ自体について管理者を即座に不適と判断するのは些か性急に過ぎると考えます。

取り締まりの効用として、不正をしないでプレイした方が全体としては享受できるメリットが大きいと多くの人が納得できるような状況を作ることができれば良いのです。
不正によっていくらゲーム内でのアドバンテージを得ようとも、結局のところ存在自体を抹消されてしまっては元も子もない訳です。
そうであれば、短期的に見れば不正者はその行為によって莫大な利益を得ているが、最終的には不正を行わないほうが利益も大きいと多くのプレイヤーは考えて、不正によるプレイのモチベーション低下は防げるものと推測できます。
今回の処置はまさにそれを体現していると言えるでしょう。

こうした処置を行わない状況が続けば、不正行為を行わなければ損になるという観念が横行してしまいます。
不正の処罰を行わないと言うことは、逆説的にその不正行為を管理者側が容認したということになってしまいます。
不正行為を行わない人からすれば、ルールを守れば不利になるのが「当たり前」ということになってしまえば離れていきたくなるのは当然です。

ぐっちさんが述べたように

「不正者が得をして、正直者がバカをみる社会では、ユーザは離れていくよ。」

という言葉に集約されるでしょう。

絶対的な解決はされなくとも、不正に対処するというイタチごっこを続けること自体がゲーム世界内のモラルと管理者への信頼の維持に貢献しているのです。

もっと踏み込んだ意見としては、もっとオンライン世界についてもう少しばかり現実の法律が適用されるようになっても良いのではないかとも思います。
当方素人ではありますが今回の騒動については、不正アクセス禁止法等に抵触するという見解も可能でしょうし、単純にサービスについての営業妨害でも十分ではないかと思います。
ただ、具体的な処罰とその判断、告知のありかたについては改善すべきことが多々あり、これを解決するのはそう簡単ではないと考えます。
(処罰の方針について具体性が弱いことがひとつあげられます。いわゆる冤罪の「誤BAN」になりかねない事態の発生として、どこまでを実際の取り締まり対象とすべきか、など。たとえば何気なく貰った高額アイテムが不正品でそれにより処罰を受けたり、あるいは不正者と知りながらその相手から不正品ではないが多くの富を譲り受けて処罰をされないとしたらそれは許されるべきことなのかどうか、など。)

増殖問題についてはプログラムの不備を突いてということもあるのでプログラム製造責任についての瑕疵がないとは言いませんが、不正者がどれだけ悪質な行為を行おうとも失うものがゲーム内の財産だけでは処置としては甘すぎると思うのです。

そんな思いでいるのですが、オンラインは歴史が浅いことに加えて、ただでさえ法が技術に追いついていません。管理者側も、それ故に対応がうまくできていないということもあるでしょう。早いところ整備が進んでほしいのですけど、解決には時間がかかるでしょう。まだ未開拓な部分が多いこの世界、不確定なものばかりでもせめてできるだけ正しくあろうとし続けたいものです。

≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
HOME
twitter
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
雪景色
年齢:
6
性別:
非公開
誕生日:
2011/03/30
職業:
運用エンジニア
趣味:
思いを馳せること
ブログ内検索
最新CM
[06/01 こんこん]
[07/21 penta]
[07/18 デグ~]
[07/18 デグ~]
[01/13 hgwzowqsd]
バーコード
カウンター
最新TB
フリーエリア
忍者ブログ [PR]